38年前の「洋からの便り」再読

最近本棚の書籍整理を始めました。自分では断捨離の一環のつ
もりで、いらない本を思い切って処分しています。
そんな作業の途中でこの本を手にしました。確か昔々感銘を受け
た本だったなあと思い、もう一度読んでみることにしました。
画像
 洋(うみ)からの便り
  ーある漁撈長の航跡ー
  松風ひとみ編
  海文堂
  900円
  昭和52年(1977)7月25日初版


読み終わって深い感動を覚えています。もちろんこの本は我が
書棚に残しておきます。

この本はまぐろ漁船の漁撈長だった松風恒之氏の家族との手紙
の交換記録です。期間は結婚当初から49歳にてモロッコ沖の
衝突事故で亡くなる直前の20年間に渡っています。

結婚の喜びから始まり、長女、次女、長男誕生の喜びへと続き、
子供たちからの遠い海上への手紙が始まります。子供たちの
成長が手に取るように伝わってきます。そして何よりも父親恒久
氏の家族への深くて限りない愛情には心打たれます。

さらには、遠洋漁業の過酷さと厳しさ、そして漁撈長としての
苦悩等々が赤裸々に述べられています。

実はこの本には奥様喜美栄様からの手紙は載っていません。
しかし恒之氏の手紙のあちこちに奥様からの近況報告、相談、
励ましの手紙が送られていることが推察できます。

この本の編者である長女の松風ひとみさんが見事大学合格
した年に、父親恒之氏が亡くなるというのは、なんと神様も
いじわるなことでしょう。

父親が年に1週間から1ヶ月ほどしか家にいない環境にあって、
それゆえに家族への思いやりと家族間の絆はひとしお強くなっ
たのではなかろうかと思います。

今年は平成27年、末っ子の長男紀之さんが48歳、長女ひとみ
さん、次女いずみさん共お父上が亡くなられた歳を超えられまし
た。奥様の喜美栄様のご健在と、3人のお子様たちのご家庭に
幸多かれと祈ってやみません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

あらいひとみ
2016年08月05日 09:40
こんにちは。初めまして。
自宅のPCで仕事をしようとしていたら、テレビで名字の話が出て、なんとなく旧姓を検索してみたら、ここにたどり着きました。
びっくりです。そして、感謝です。
私は松風ひとみ、今は結婚し、荒井ひとみとなっています。
「洋からの便り」を読んでいただき、そして、今回の断捨離でも残していただく1冊になったことありがたい限りです。
ご推察の通り、母は83歳、元気で三崎に住んでいます。私は今年還暦を迎えます。14年前から小学校の教師をしています。高学年の担任が多く、今年も6年生の担任です。かわいい子どもたちと来春卒業、定年を迎えます。長男は大学で駅伝選手として箱根駅伝に挑戦し、今は、中学校の体育教師です。次男はOLYMPUSで医療機器の研究開発をしています。妹のいづみは宮城の大学に進み、卒業後も仙台で教師をしています。東日本大震災では心配しましたが、無事でした。弟は日産自動車で研究開発の職に就いています。私と弟が横須賀と横浜で母の近くに住んでいます。
勝手にだらだら書いてしまいましたが、「まさじいさん」の温かいコメントにうれしくなり、つい・・・!
今秋には次男が先に結婚することになり、また一つ父への報告が増えます。
私は大学卒業後、海文堂出版に就職し、4年間編集の仕事をしていました。「洋からの便り」はもうとっくの絶版となってしまいましたが、教え子たちに贈ったり、これから増える家族のために持っています。
年月がたっても、こうして読み返していただけたことに、本当に驚きとともに感謝です。母や弟にも報告しておきます。
今日は朝からうれしい気持ちになりました。
まさじいさんのブログ、読書や天声人語など興味深いものがたくさんありました。また、折にふれ、拝見していきたいと思います。
酷暑の中、お体どうぞ大切になさってください。
あらいひとみ
2016年08月11日 18:48
こんばんは。コメントに返信をいただけたようなのですが、私からは見ることができません・・・どうしてでしょう・・・?
まさじい
2016年08月11日 19:15
荒井(松風)ひとみ様へ
「洋からの便り」は私が深く感銘を受けた1冊です。まさかその著者の方からコメントをいただけるとは、びっくりするとともに、こんなうれしいことはありません。まさに我が74年の人生の中でも特記すべきエポックメーキングとなりました。ありがとうございました。
母上様がご健在をはじめ、ご家族の皆様のその後のご様子と近況をお知らせいただき感謝しております。「うわぁ、皆さんがんばっておられるなぁ」「幸せそうで良かった」というのが実感です。
どうぞこれからもお父上にたくさんのうれしいご報告をなさりながらお元気でお過ごしください。
「洋からの便り」はこれからも苦しかったり落ち込んだ時にページを開こうと思っております。
まさじい
2016年08月11日 19:18
一度投稿したのですが、一部修正のために削除して、書き直しをしておりました。失礼しました。
あらいひとみ
2016年08月11日 20:33
こちらこそ、ありがとうございました。今日、お盆の前のお墓の掃除に出かけ、母に、まさじいさんのことを伝えました。涙を流して喜んでおりました。こんなに年月がたっても、まだ、こうして、覚えてくださっている方がいてくれたことに本当に感謝しておりました。気丈に生きてきた母ですが83歳になり、周囲に亡くなる人も多くなり気弱になってきていたので、元気づけられる報告ができました。
こちらこそ、私たち、このブログの記事を宝物にして、今後も頑張って生きていきたいと思います。ありがとうございました。

まだまだ、暑さが続きます。どうぞお体をお大切になさってくださいませ!
まさじい
2016年08月13日 10:46
母上様が喜ばれたとのこと、私もうれしい限りです。
著書「洋からの便り」はもちろん、今回の一連のひとみ様のコメントも私の宝物となりました、
貴重な経験をさせていただき本当にありがとうございました。
ご家族の皆様に幸多きことを祈っております。

この記事へのトラックバック