あきない世傳 金と銀

待望の高田郁さんの新シリーズ
が出たと新聞で見たので早速購
入しました。「あきない世傳 金と
銀 源流篇」です。ハルキ文庫。
いつものごとく興味津々夢中に
なって1日で読み切りました。

帯カバーをつけたままの表紙を
紹介します。可愛いですね。
画像

続いて裏表紙の内容紹介文を
そのまま転載します。

物がさっぱり売れない享保期に、
摂津の津門村に学者の子として
生を受けた(さち)。父から「商
は詐なり」と教えられて育ったは
ずが、享保の大飢饉や家族との
別離を経て、齢九つで大坂天満
にある呉服商「五鈴屋」に奉公へ
出されることになる。慣れない商
家で「一生、鍋の底を磨いて過ご
す」女衆でありながら、番頭・治
兵衛に才を認められ、徐々に商
いに心を惹かれていく。果たして、
商いは詐なのか。あるいは、ひと
が生涯を賭けて歩むべき道か・
・・・新シリーズ、ついに開幕

本篇は幸の7歳~13歳の出来
事が描かれています。
生まれ故郷でも、さらに奉公先
でも数々の困難に翻弄されなが
らも、持前の利発さと聡明さで切
り拓いていきます。そしてそこに
は、必ず幸を導き応援してくれる
人々の存在があります。

次篇以降の幸の成長ぶりが楽し
みです。

余談ながら、雪国秋田出身の私
には、本篇で語られる関西弁(
大阪弁?)も心地よいです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック