山周3:人情裏長屋

山本周五郎の3冊目です。新潮文庫。この文庫
には11作が収録されています。それぞれの短
編の主人公に読者(私)からの一言という形式で
紹介したいと思います。
尚、数字の前に〇がついている作品は私のお
気に入りです。
画像


〇1おもかげ抄
 浪人、孫次郎:あなたの亡き妻への変わらぬ
愛情と剣術の凄さがたまたま藩の重職の目に
とまり、仕官がなりさらには重職の娘さんの婿
になりましたね。

〇2三年目
 大工職人、友吉:三年目に近江から帰って
来たが、誤解と洪水に翻弄されながらも、ちゃ
んとお菊と弟分の角太郎は待っててくれまし
たね。

 3風流化物屋敷
 家老三男、御蔵平之助:お化けの正体は
丁半をやる連中でしたね。隣屋敷のとみ嬢と
はどうなりますか。

〇4人情裏長屋
 浪人、松村新兵衛:ひょんなことから武士の
子を育てることになり、大好きな酒を断ち立ち
食い蕎麦屋までして頑張りました。武士の子を
返さなければならなくなったのを機に、仕官の
道を探し浪人生活に終止符をうち、おぶんち
ゃんと新生活を始める新兵衛に喝采!

〇5泥棒と若殿
 若殿、成信:監禁されている広屋敷に入り込
んだ泥棒の伝九郎との奇妙な友情物語。成信
が城に戻る日の伝九郎の悲しみの叫び。

 6長屋天一坊
 大家、吾助:欲深い吾助さん、見事に金太銀
太にしてやられましたね。

 7ゆうれい貸家
 桶屋、弥六:幽霊に浮気がばれて取り殺され
そうになった弥六さん、そこで目が覚めた。

〇8雪の上の霜
 浪人、伊兵衛:妻のおたよさんはこう言ってま
す。「あなたはいつも自分の取るものを投げだ
して、誰かを救ったり庇ったり、仕合せにしてや
ったりなさる。・・・・・・そういうあなたが好きです。

〇9秋の駕籠
 駕籠かき、中次と六助:正直者にはいつか得
があるということですか。

 10豹
 青年、正三:未亡人の嫂純子の誘惑を断ち切
れるのだろうか。

 11麦藁帽子
 斧田:温泉宿の近くの海岸で見かけた、麦藁
帽子の老人吾八の昔の恋物語が心に響く。

注)1~9は時代物、10,11は現代物



"山周3:人情裏長屋" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント