テーマ:ひとりごと

ハプニングが続く!

ここ1カ月の間に珍しい経験を3度もしたので 記しておこうと思います。どれも他愛もないの ですが、当事者としては心に残る経験になり ました。 1 Suica紛失  先月末の所属する会の例会で大磯宿を散策 した朝のことです。(大磯宿散策は前掲済) 電車で大磯駅に着き改札口で定期入れを見 たらなんとSuicaがないのです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラマイゼロのハプニング

それはバス停に向かって歩道を歩いている 時に起こったことです。 突然後ろから左腕に何かがぶつかったきま した。びっくりしました。その衝撃で腕時計が はずれて道路に落ちました。ぶつかってきた のは自転車に乗った小学校低学年の女の 子でした。 腕時計を拾い上げましたが、衝撃で根元の ピンが飛んだらしくベルトがはずれてしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

微妙な初体験

それはバスで席をゆずってもらったことです。 今まで1度も無かったのですが、ここ1か月の 間に3回もありました。今でもなるべく席をゆ ずろうと思っている当方としては、最初はびっ くりしました。そして「ありがとうございます。 でも大丈夫ですから」と言って断りました。 2回目も同じです。 そして3回目、今度は「ありがとう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

76の春です

3月27日、76歳の誕生日を迎えました。 自業自得といいますか、諸般の事情により 長い独身生活、右へ左へのやじろべえ人生 を生きてきました。 一方で「人間は一人では生きられない」と よく言われますが、「一人でも生きていかね ばならない奴もいるぞ!」といきがって過ご してきた部分もあります。 近況を少々。 ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりの 初詣

1月4日朝起きたら快晴でした。ふと長らく やっていなかった「初詣」に出かけようかと 思い立ちました。(たぶん15年ぶりでは?) 三が日も過ぎたし、もうあまり混んではい ないだろうと、午後、バスで横浜駅へ出る 途中にある「浅間神社」へ出かけました。 幸い参詣客は三々五々、神官さんからお 祓いをしていただきながら二…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハナキリン(9)

テーブルの横の窓際に置いたハナキリンが、 今年も思い出したように芽が出てピンクの花 を2輪つけました。1年ぶりです。 当方、びっくりしながらその生命力の強さに 思わずにやりとし、一方「負けるな、頑張れ」 と励まされてもいます。 ちなみにタイトルの数字(9)は、本ブログに 9回目の掲載という意味です。 11年前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

癒されてます

我が団地内でもあちこちでツツジが咲いて います。特にこのコーナーのツツジは買物 の行き帰りに目に入りますからついついス マホも向けたくなります。 買物への行きは、画面右奥からリュックを 背負って軽快に下ってきますから「咲いて るね」って感じで画面左下にもう少し急な 坂道を下っていきます。 問題は買い物帰りです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

突然のお目見えです

ふと気が付いたら可憐な花が1輪咲いて いました。昨年の12月以来のお目見え です。この花には何回も癒させたり元気 をもらっています。同時に生きる力強さ も教えられています。 いつもありがとうです。 観葉植物の「ハナキリン」 10年前に100円ショップで購入した3種 のうちの1種です。他の2種は枯れてし まい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんなこともあるんだ・・・

ここ1か月の間に3回の珍しい経験をしま した。こんなこともあるんだとびっくりして います。3回とも路線は違いますが横浜駅 へのバスの中でした。 1回目は昼時の空いているバスです。 途中のバス停から杖をついたおじいさんが 乗ってきてちょうど私の目の前のシートに 腰を下ろしました。何気なく足元を見て「あ れっ?」でした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年賀状に思う

早いもので申年の年が明けて1週間が 過ぎました。今年もたくさんの年賀状が 届きました。メール全盛の今時ですが やはりいただくとうれしいものです。 1枚1枚を手に取りながら、あれこれと 思いを巡らせています。そして当方、 定年退職して14年経ちますが色々と 時の流れや時代の変化を感じておりま す。そんな思いをまとめてみまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お笑いでした

所属する会の例会で「足柄峠」を散策したことは、前掲の記事で 述べました。楽しかった例会も無事終了し、帰りの電車を待つ 三島駅のホームでとんでもないことをしてしまったのです。 発車15分ほど前にホームに着きました。進行方向の先端近くで 電車を待ちました。しばらく経ってからホームの中間に移動しまし た。ふと見ると立ち食いそばの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふるさと秋田・鉱山町の記憶6

6 七夕祭と山神祭   当時の子供たちの夏休みの楽しいイベントは、七夕祭と山  神祭でした。小学、中学、高校と楽しみ方は変化しましたが、  いつも気持ちがワクワクする行事でした。 ・七夕祭  七夕祭は8月最初の日曜日だったと記憶しています。花電車  と呼んでいた山車を各地区ごとに作り、町のメインストリートま  で引いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふるさと秋田・鉱山町の記憶5

5 雪の思い出  このところ連日のように、爆弾低気圧の影響とやらで、各地での大雪  のニュースがテレビで放映されています。私のふるさと秋田鉱山町の  記憶でもなぜか雪というか冬に関係した出来事を思い出すことが多い。 ・吹雪の中の登校  小学1年の吹雪の中の登校については、2の小学校と小学校時代  で前述したが、前が見えな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新横浜 遠景

我が団地は、徒歩で横浜駅60分、東白楽駅45分、新横浜駅40分 の高台にあります。それぞれにバスで出ることができます。 しかし横浜駅と東白楽駅周辺は、途中坂があったり高いビルがあっ たりで見通すことができません。その中で新横浜駅周辺は3階のわ が部屋からはもちろん、階段の踊場からも見通すことができます。 朝、週3回ごみ出し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふるさと秋田・鉱山町の記憶4

4 社宅(長屋)暮らし  当時私が住んでいた社宅(長屋)の略図 を書いてみました。  鉱山の従業員はほとんどがこの長屋に 住んでいたと思います。前述しましたが、 長屋の形態は2軒続きから8軒続きまで ありましたが、多かったのは5軒続きでした。 我が家も形態は5軒続きでしたがちょっと変わっていて、真ん中の1軒分 を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふるさと秋田・鉱山町の記憶3

3 昭和30年代の鉱山町の様子  当時の鉱山町は大きく3区域になっていました。奥から高台地区 (元山地区)、中低地地区(大谷地地区)、低地地区(町部)で、それ ぞれの面積は奥から小中大です。 一番奥の高台に広がるのが元山地区。その先の山には鉱床があ り、複数の坑道口があり、鉱石の採掘関連の施設がありました。 その手前に縦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふるさと秋田・鉱山町の記憶2

2 小学校と小学校時代  最初に思い出すのが、小学校1年の冬の通学のこと。 当時小学校は高台地区にあり、私が住んでいた低地地区からは子供 の足で30分ほどかかった。この日は猛吹雪で、途中の坂を上り始めた 時にはほとんど前が見えず怖さで泣きたくなりました。確か近所の子供 たちが誘い合って7~8人の集団登校でしたが、その時、先頭に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふるさと秋田・鉱山町の記憶1

1 まえがき  ~この記憶シリーズを始めるにあたって~  私は現在72歳、横浜在住。 高校卒業までの18年間を秋田県県北の鉱山町で過ごし、上京して 丁度その3倍の54年が過ぎたことになる。 その後鉱山(銅山)は閉山となり、それに伴い鉱山のほとんどの工場・ 施設が無くなり、私たちが住んでいた社宅(長屋)エリアをはじめ、小 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山口洋子氏を悼む

直木賞受賞作家で作詞家の山口洋子氏(77)の訃報に接し、 一ファンとして心よりご冥福をお祈り申し上げます。 1980年代、作詞家・作家・インタビュアー・コメンテーター等々 マルチに大活躍されていた頃、その歯に衣着せぬ発言で世の 男性や世相をメッタ斬りしていた彼女に、当方も何度となく溜飲 を下げさせてもらいました。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テレビ故障に思う

12年間見ていたテレビ(ソニー・ブラビア)が突然電源が入らなくなり ました。ブラウン管式でしたが、画像がきれいだっだし、デジタルにな ってもチューナーを付加して問題なく見れていました。 故障の状況は、電源を入れると赤いスタンバイランプが点滅して主電 源が入らないのです。インターネットでソニーのサポートを調べると、 スタンバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つい見続けました

我が家のねこではありません。 団地の向かいの棟のねこです が、1日に何回か散歩に出るよ うで、我が家のベランダから見 えます。 私が勝手に「シロちゃん」と呼ん でいます。この日もパソコンをや りながらふと外を見たら、木の切 株の上に座って日向ぼっこをし ているシロちゃんが見えました。 しばらく見続けました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江島神社へ初詣で

1月8日(火)、江の島の江島神社 に初詣でに行ってきました。 写真:江島神社:えのしまじんじゃ     辺津宮:へつみや 快晴、これなら富士山も良く見える ことを期待しながら、大船駅から 湘南モノレールに乗りました。火曜 日の10時、乗客は少なく私の車両 は私ひとりでした。 湘南江の島駅に到着。ここから江の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年を迎えて

3月で71歳の誕生日を迎える 年が始まりました。長い間の独 り身で、歳をとるにつれて寂し さが増しているような気がしま すが、下を向かずにマイペース で過ごそうと思っています。 まずは右の写真です。色がいか にも新春にふさわしく掲載しまし た。ハナキリンといいます。百円 ショップで購入してから丸6年になりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜・山手西洋館を巡る

お気に入りの散歩コース、山手 西洋館を久しぶりに歩きました。 いい写真が撮れたら年賀状に 使おうと思いながら。 地下鉄の終点、元町・中華街駅 から港の見える丘公園に上り、 ここからスタートです。 歩いた順番に紹介します。 まずは、港の見える丘公園からの ベイブリッジ です。まさに横浜 港が一望できます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新装なった東京駅へ

大正3年創建当時の姿が100 年ぶりに再現された東京駅を訪 ねた。 金曜日午後1時東京駅に到着。 丸の内の改札北口を出るとすぐ ドームの内側。駅員が「立ち止 まって写真をとらないで下さい」 と注意しているが、たくさんの人 が見上げてカメラを向けている。 こちらもすかさず数枚シャッターを切る。干支のレリーフも…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

同じ「大学ノート」が!

前にも述べましたが、今年の 1月1日から、朝日新聞のコ ラム「天声人語」の書き写し を続けています。 その書き写しに使っているの が、大学ノートです。1日分が ちょうど1ページになります。 その大学ノートは途中まで使っていたものを流用していました。全ペ ージ書き終わったので、新しいのを買おうと横浜・有隣堂の文…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

団地の桜、満開です!

4月10日我が団地の桜がほぼ 満開になりました。近くの老人ホ ームのお年寄たちも連れてきで もらっています。 右の写真は我が家の窓からの ワンショットです。毎年この構図 を楽しめることに感謝しています。 今年はほんとに寒かったです。雪国生まれ育ちの私ですが、この 歳になると寒さがこたえます。結局ここ横浜も10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春、フレッシュマンの季節

4/6(金)バスで横浜駅へ買物に出かけました。途中で3組の フレッシュマン(新人)を見かけました。いつもこの季節、その さわやかさに、こちらも心洗われ、元気をもらいます。 「小学1年生」 バス停まで歩いている途中で、入学式を終えた小学1年生に 会いました。男の子2人、女の子2人です。背中のピカピカの ランドセルが少し重そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日新聞「天声人語」特集から

今年の元日から「天声人語」 の書き写しを始めており、気 にしていたら、2月4日の朝 刊に特集が出ていました。 (写真) メモとして要点をリストアップ しておきます。 ・天声人語とは  「天に声あり、人をして語らしむ」 ・初登場  1904(明治37)年1月5日  以来108年 ・スペース  603文…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「天声人語」を書き写す

1月1日より、朝日新聞の「天声 人語」の書き写しを始めました。 「天声人語」の活用については、 色々とあるようで、新聞やテレビ でも紹介されていましたが、3月 に古希を迎える年に、何か新し いことをと思い始めたものです。 大学ノート(写真)に書き写して います。丁度1ページ分になり ます。時間は45分です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more