あきない世傳金と銀七碧流篇

高田郁さんの「あきない世傳金と銀七碧流 篇」が発売されたと新聞に出ていたので、 いつもの横浜・有隣堂へ出かけ購入してき ました。待望の1冊、1日で読みました。 翌日と翌々日の二日かけてじっくり再読し てこの記事を書いています。 前篇で五鈴屋七代目当主・幸は亡夫・智蔵 との約束を果たし、五鈴屋江戸店を開くこ とができま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天声人語14冊完了

朝日新聞の朝刊コラム「天声人語」の書き写し が大学ノート14冊目(2605日)を完了し しました。現在唯一毎日続けていることです。 今冊も199日分(=199ページ)です。 毎日午前中約30分かけて書き写しています。 ・連続NO、年月日 ・当日のトップ見出し ・天声人語本文(606文字) ・当日の我がトピック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パソコン故障顛末記

今回もそうでしたが、パソコンの故障は突然 やってきました。そしていつものようにあた ふたしました。NECのパソコン、8年間の使 用でした。その顛末を記録に残しておきます。 1)パソコン故障時の状況  インターネットを閲覧中に画面が固まり全 く動かなくなりました。やむなく電源を切り 強制終了しました。再度電源を入れました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山周6:花匂う

山本周五郎周五郎作品の6冊目。新潮文庫。 11短編が収録されています。6冊トータル 50編になります。巻末の解説によると、こ れら11作品は「山本周五郎全集:13巻、 講談社」「山本周五郎小説全集:38巻、 新潮社」には収録されていない作品ばかりと のことです。 1宗太兄弟の悲劇  非は父にありながら仇討ちをせねばな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨空に映える

7/2に本ウェブリブログがリニューアルされたので 使い勝手の様子をみようと初めての記事を書いてみ ました。   鬱陶しい梅雨空が続くこの頃ですが、団地内では 「あじさい」と「アガパンサス」の青色が雨の中で も映えています。毎年同じ場所に咲く、当たり前と いえば当たり前ですが、ふと不思議だなあと思った りもします。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネットで見つけました!

お気に入りの作家高田郁さんの次作が出て いるのかなとネット検索してみたら興味深い 内容を見つけました。世の中こんな親切な 人もいるんだなあと感心した次第です。 その1  高田郁さんの本の発売時期を調べたらし く、それによると毎年2月と8月に新刊が出 ているのいうのです。だから今連載中の 「あきない世傳金と銀」の次作は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「野菜たっぷりちゃんぽん」

昨23日(日)たまたま見たテレビで「リンガー ハット」の特集をやっていました。いろんな企業 努力をして売り出した「野菜たっぷりちゃんぽん」 が女性のお客さんに好まれ大ヒット、見事赤字 からV字回復をしたという話でした。当方無類の メン好き、さっそく本月曜日横浜駅西口に出か けました。 まずは何はともあれ「野菜たっぷりち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山周5:ならぬ堪忍

山本周五郎作品の5冊目です。新潮文庫。 勿論新刊ではなく、ブックオフで購入した 古本です。収録13編。(5冊トータルで39 編)。ちなみに解説によるとこれら13編は 「昭和3年(1928)から昭和20年(1945) の間に執筆された戦前作品」とある。 1)白魚橋の仇討  母親と子供姉弟が、夫の父の仇討を果た すという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

駿河三宿逍遥

所属する「東海道ネットワークの会21」の節目の 60回例会に参加しました。三島・沼津・原宿を バスで回りました。旧き東海道53次宿場の歴史 の一端を偲び、沼津では御用邸を見学しました。 総勢13名、帰宅後の万歩計は12千歩でした。 ・三嶋神社 伊豆の国一宮。 左:神門、右:本殿 ・興国寺城跡 北条早雲旗揚げの城…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お久しぶりです!

2年半ぶりです。元NECの4人娘が恒例の旅行 を今回は東京で実施。3泊4日の3日目にお誘 いがあり、わざわざ横浜まで来てくれました。 待ち合わせをした西口交番横で改装中の横浜 駅を後方にワンショットです。 「食事は軽く、たくさんお話をしましょう」と いうことでしたので、ヨドバシカメラB2Fの レストラン街の自然食バイキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山周4:花杖記

山本周五郎本の4冊目です。新潮文庫。10 作品が収録されています。読み終わって感じ たことですが、今回は女性が男性を励ました り思いやったり支えたりする作品が多いとい うことです。その辺をポイントに紹介したいと 思います。(一部表題のみ) 1 武道無門  生来の臆病者の宮部小弥太、ゆえに要心 深く慎重、たまたま藩主に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハプニングが続く!

ここ1カ月の間に珍しい経験を3度もしたので 記しておこうと思います。どれも他愛もないの ですが、当事者としては心に残る経験になり ました。 1 Suica紛失  先月末の所属する会の例会で大磯宿を散策 した朝のことです。(大磯宿散策は前掲済) 電車で大磯駅に着き改札口で定期入れを見 たらなんとSuicaがないのです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あきない世傳金と銀六

高田郁さんの「あきない世傳 金と銀六」本流篇 を読みました。この人の作品にはストーリーと文 章に勢いがあり私の大のお気に入りです。新刊 が出る度に横浜・有隣堂に出かけます。 最愛の夫、五鈴屋の六代目徳兵衛(智蔵)を突 然の病で失った幸。しかしその悲しみを閉じ込 め智蔵との約束、江戸店を出すために立ち上が ります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜公園のチューリップ

そろそろ見頃ではないかと横浜公園に出かけ ました。3日後にスプリングフェアが開かれる とのことでしたが8割近い開花状況でした。 火曜日の10時半、ほどほどの人出、写真も 撮りやすく、春を満喫したひとときでした。 画像クリックで拡大します。 お年寄りのグループ、母子連れが多かったで す。東南アジアの女性グループも見か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三ッ沢公園のサクラ!

最近は朝起きて青空が広がっていると、ふらり と外出したくなります。ウォーキングも兼ねて。 このところ花冷えが続きサクラが長持ちしてい ます。そういえば昨日、団地から横浜駅のバス の途中で見かけた「三ッ沢公園」のサクラが満 開だったのを思い出しました。幸い風も無し、 絶好のお出かけ日和です。さあ出かけよう! バス停「三ッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大磯宿散策

3月26日、所属する「東海道ネットワークの会 21」の第59回例会で、東海道五十三次8番目 の宿場「大磯宿」を散策してきました。会員と会 員外20名の参加でした。 ・大磯駅 小雨模様の出発となりましたが、午後は雨が上 がり快適な散策となりました。 ・澤田美喜記念館 サンダースホームの設立者澤田美喜氏の蒐集 品を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「青い服の女」に失望

先日、平岩弓枝の文庫本「お伊勢まいり」新・ 御宿かわせみ6を読んだばかりですが、インタ ーネットで調べたら、次の文庫本候補が載った 単行本「青い服の女」が発売されているとのこ と、いつもは文庫本発売まで待つのですが珍 しく入手して読みました。ところが・・・ 6話が収録されていて、いつものように「かわ せみ」を中心にいろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイエー横浜西口店閉店

14日久しぶりにダイエーの前を通りました。 シャッターを下ろしたまま、張り紙がしてあり ました。「ダイエー西口店は2019年2月11 日(月・祝)をもちまして閉店いたしました。 約46年間のご愛顧を賜り誠にありがとうご ざいました。」 長い間この店を利用してきた当方としては 一抹の寂しさがあり、さらには2011年の …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2度目の現地応援!!

2/9に2度目の女子バレー、赤ロケ(NECレッド ロケッツ)の現地応援に行ってきました。実は この試合もなぜかダゾーン(DAZN)の放映が 無く5日前にチケットを購入することができた からです。対戦相手は日立です。 家を出る時は初雪がちらほらしていましたが、 等々力アリーナに着いた時には本降りになっ ていました。幸い今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「お伊勢まいり」を読む

平岩弓枝の「お伊勢まいり」~新・御宿かわ せみ6~(文春文庫)が発売になったと新聞 に出ていたのでさっそく横浜・有隣堂で購入 し読みました。 大川端の旅宿「かわせみ」は春の2度の大 嵐で大きな被害をこうむった。修復には1カ 月ほとかかるとのこと。そんな折、女主人 るいの幼なじみの千絵が旦那衆たちとの 「お伊勢まいり」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more