小林先輩所属の写真展

先日、しばらくご無沙汰していた小林先輩か
ら電話がありました。「また写真展の案内ハ
ガキを送ったので都合がよければどうぞ」と
いうことでした。
当ブログで振り返ってみたら前回見た写真
展は2013年でした。4年ぶりにまた出か
け、小林先輩にお会いして、写真のことは
勿論体調のことなど話してきました。

送って頂いた案内ハガキです。
画像

川崎駅すぐ隣の会場「タワーリパーク アート
ガーデンかわさき」の入口に写真展の案内板
がありました。
画像

さっそく3階の会場へ行き小林先輩にお会い
しました。一時体調を崩され心配していたの
ですがお元気な様子に安心しました。
 
写真展の会場です。
画像画像

小林先輩の作品3点です。
北海道富良野の風景で左から「白い冬」「緑
の春」「朝日」です。
画像

一押しの「朝日」と並んだ小林先輩です。
画像

3点を拡大して紹介します。
「白い冬」
会場で戴いたハガキです。
画像

「緑の春」
会場で撮影、照明が入ってしまいました。
画像

「朝日」
会場で戴いたハガキです。
画像

作品「朝日」を中心に撮影秘話を伺いました。
カメラは長年愛用の「ライカ」フイルム撮影だ
そうです。パソコン取り込んでプリントアウト
したもの。
いい時季だよと富良野の写真家から声がか
かり出かけたそうです。暗いうちから撮影ポ
イントに出かけ朝日がでるのを待ちながらの
撮影だったそうです。大きく光の輪が見えま
すが予期していなかったそうです。
神々しさが表現されている気がします。

この後皆さんの写真を見せていただきました。
それぞれ取り組んでいる(表現したい)テーマ
は決まっているようですが、より深くまたは新
しい視点からお気に入りの1ショットを切り取
られているなと思いました。

小林先輩、皆さんありがとうございました。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック