あきない世傳金と銀八瀑布篇

待ちに待った8巻目が発売になりました!
今までと同じプロセスです。
朝日新聞の広告で発売を知り、その日のう
ちに横浜・有隣堂で購入してきました。
2度読みしてこの記事を書いています。

akinai8.jpg

五鈴屋七代目店主「幸」は新規開店の江戸
店で頑張っています。本巻では江戸店での
2年目が描かれています。

まずは裏表紙の内容紹介文の一部を借用し
ます。
~武士のものとされていた小紋染めを町人
のものへと工夫を凝らし、江戸小紋として
受け入れられ五鈴屋は順調に商いを伸ばし
ていく。しかし「禍福は糾える縄の如し」、
思いがけない禍が江戸の街を、そして幸た
ちを襲う。~

ほんとにいろんなことが次から次へと起こ
ります。しかし幸たち主従は物事を冷静に
見極め、先輩知人の言葉に耳を傾け、そし
て知恵を出し合い幾多の難局を切り開いて
いきます。

最大の問題「女名前禁止」の猶予期間足掛
け3年を前にして、八代目店主には予想し
ていたA案ではなくB案が決まり、幸もほっ
としています。

そしてもう一つの気がかり、手代「賢輔」
と妹「結」のこと。それぞれに縁談の話が
舞い込んできますがなかなかまとまりませ
ん。

結は周りにもわかるほど賢輔を思っている
のですが、賢輔は商いと新しい紋様のデザ
インに夢中。
そんな中ある朝、結は「かんにん」の言葉
を残して失踪してしまうのですが・・・
                次巻へ

(余話)
 江戸へ出る時に医師の修徳から送られた
掛け軸、江戸店で飾っていましたが、その
字が達筆過ぎて何と書いてあるか誰も読め
ませんでした。それがひょんなことから明
確になります。

・書かれていた文字
 衰颯的景象
 就在盛満中
・詠み方
 衰颯の景象は、すなわち盛満の中に在り
・意味
 衰えていく兆しというのは、実はもっと
 も盛りの時に在る
  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント