テーマ:山本周五郎

山周7:一人ならじ

山本周五郎本7冊目を読み終わりました。 本書には14短編が収録されています。 7冊トータルで64編になります。巻末 の解説によると14編は昭和15~32 年に書かれた作品ということになります。 1三十二刻  夫婦の信頼のすばらしさ 2殉死  殉死をめぐる武士の生き方 3夏草戦記  掟のきびしさと掟を守る真の勇気 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山周6:花匂う

山本周五郎周五郎作品の6冊目。新潮文庫。 11短編が収録されています。6冊トータル 50編になります。巻末の解説によると、こ れら11作品は「山本周五郎全集:13巻、 講談社」「山本周五郎小説全集:38巻、 新潮社」には収録されていない作品ばかりと のことです。 1宗太兄弟の悲劇  非は父にありながら仇討ちをせねばな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山周5:ならぬ堪忍

山本周五郎作品の5冊目です。新潮文庫。 勿論新刊ではなく、ブックオフで購入した 古本です。収録13編。(5冊トータルで39 編)。ちなみに解説によるとこれら13編は 「昭和3年(1928)から昭和20年(1945) の間に執筆された戦前作品」とある。 1)白魚橋の仇討  母親と子供姉弟が、夫の父の仇討を果た すという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山周4:花杖記

山本周五郎本の4冊目です。新潮文庫。10 作品が収録されています。読み終わって感じ たことですが、今回は女性が男性を励ました り思いやったり支えたりする作品が多いとい うことです。その辺をポイントに紹介したいと 思います。(一部表題のみ) 1 武道無門  生来の臆病者の宮部小弥太、ゆえに要心 深く慎重、たまたま藩主に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山周3:人情裏長屋

山本周五郎の3冊目です。新潮文庫。この文庫 には11作が収録されています。それぞれの短 編の主人公に読者(私)からの一言という形式で 紹介したいと思います。 尚、数字の前に〇がついている作品は私のお 気に入りです。 〇1おもかげ抄  浪人、孫次郎:あなたの亡き妻への変わらぬ 愛情と剣術の凄さがたまたま藩の重職の目に …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

山周2:さぶ

山周は山本周五郎です。しばらくはこの人の 作品を読んでみようと思っています。 今回は「さぶ」(新潮文庫)を読みました。 「さぶ」という作品があることは前から知って いましたが、どんな内容なんだろうと読み始 めましたが、読み進めるうちに夢中になり、 一気に読み終わりました。こんな作品に巡り 合うのも読書の醍醐味かもしれません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more